【全英語学習者に告ぐ】とりあえず「絵本」を読んだら?

The following two tabs change content below.
macha

macha

アラフォーの英日翻訳家。TOEIC満点/英検1級。言語学修士号。元英会話学校講師。最近はエスプレッソにはまっています。

英語の教材って山ほどありすぎて、何から始めたらいいか困るくらいですよね。

でも効果が絶大なのに、ほとんどの人がやっていない学習法があります。

それは、「英語の絵本」を読むことです。

初心者も上級者も、TOEICやTOEFLを受験する人も、学生も社会人も、あらゆる英語学習者に自信をもっておすすめできます。

僕自身、もっと早くこの方法に気づいていれば・・・と後悔しています。
どういうことか、説明していきます。

なぜ絵本を読むべきなのか

1.絵本だと簡単に「多読」ができる

英語の上達には、大量のインプットがかかせません。
たくさん英語のシャワーを浴びましょう。

そこで、おすすめしたいのが洋書の「多読」です。

幼児向けの絵本なら、辞書なしで簡単に読むことができます。

絵本は子供向けに書かれているので、

  • ストーリーがシンプルでわかりやすい
  • 絵がストーリーの理解を助けてくれる
  • 難しい文章がほとんどない
  • 総じて単語数が少ないので最後まで読み切れる

というメリットがあります。

だから、絵本を使えば30分で10冊読むなんていう「超・多読」も充分に可能です。

2.英単語のレベルは意外に高い

↓こちらの単語の意味、わかりますか?

tin
pan
swing
padding pool
soggy
ding
wobbly
hedgehog
hermit crab

実はこれすべて、4~5歳向けの絵本の中で使われている単語です(※ Oxford Reading Treeのステージ1~2)。

見てわかるとおり、絵本の単語レベルって、意外にあなどれないんです。
絵本には、教科書では習わないのに、ネイティブが日常的に使う単語や口語フレーズがたくさん出てきます。

もちろん、ネイティブの子どもでもわかるような単語ですから、けっして難しいわけではありません。
ただ、私たち日本人の英語学習から完全に抜け落ちているだけなんです。

↓イメージで言うと、こんな感じです。

日本語でいうなら、「どっこいしょ」「せっせと」「ぎゅっと」などの基本表現を知らない学習者に、
「奮起する」「勤勉に」「密接した」という難しい表現を教えているのが、日本の英語教育の現状なんです。
日本の英語テキストからは、日常会話で使われる英語が驚くほど抜け落ちています。

だから、外国人である僕らも絵本を読むことで、本来最初に学ぶべき「超初歩」の単語を学べるというわけです。

ちなみに、さきほどの単語の答えはこちらです↓

tin ブリキ缶
pan フライパン
swing ぶらんこ
padding pool ゴムプール
soggy びしょ濡れの
ding 騒音
wobbly ぐらぐらした
hedgehog ハリネズミ
hermit crab ヤドカリ

ここらへんの日常単語や表現にたくさん触れておくと、今後、洋画やペーパーバックに本格的に挑戦するときに大いに役立ちますよ!

3.生活や文化を学べる

クリスマスやハロウィン、イースターなどの行事が絵本のテーマになることって多いですよね。
絵本には、その土地の文化や伝統、人々の考え方などが直接/間接的に反映されるんです。

たとえば、イギリスで人気のキッパーシリーズの「The Wobbly Tooth」(ORT Stage 2)というエピソードでは、主人公の少年が乳歯をなくして落ち込む姿が描かれます。
日本人はピンとこないかもしれませんが、欧米では抜けた歯を枕の下に置いておくと、寝ている間に妖精がやってきて、コインと引き換えに歯を持ち帰るとされているんです。

絵本なら、こういう現地で暮らしていないとなかなかわからない文化や慣習を、ストーリーを通して学ぶことができます!

絵本を使ったオススメの学習法

せっかく楽しい絵本を読むなら、もう一つ、ついでにおススメしたい勉強法があります。

それは、
絵本を耳から聴くこと
です。

YouTubeなどで、絵本のナレーション(朗読)の音声動画がないか、探してみましょう
有名な作品なら見つかることが多いです。

音声があれば、ネイティブスピーカーから読み聞かせをしてもらっているかのように、自然に英語を学べます。

まとめ

いかがでしょうか?

筆者が英語の絵本をいろいろ読むようになったのは、英検1級を取得したあとくらいでした。
すでに1万2000~3000語レベルの単語力があったはずなのに、絵本の中に知らない単語がわんさか出てきて驚いたのを覚えています。

そして、そういう単語にかぎって、英語の小説や海外ドラマなんかでよく使われたりするんですね。

英語の絵本を読み始めるのは、早ければ早いほどいいと思います。
さっそく今日から読み始めましょう。

絵本だと無理なく読めて、自然に英語力をアップさせることができますよ。

Happy Reading!

筆者おすすめの絵本については、下記の記事をご覧ください。