英語なのに夢中になれる!多読にオススメの洋書10選【中級者編】

The following two tabs change content below.
macha

macha

英語学習アドバイザー。大学で英米文学専攻、大学院で言語学修士。英語教育の現場に携わり、現在は翻訳関係の仕事をしています。英検1級、TOEIC満点。

先日書いたブログ記事「洋書初心者でもラクラク読める!おすすめの英語ペーパーバック10選」につづいて、中級者が読んで絶対に後悔しないおすすめの洋書10作品をご紹介します!

必要な英語のレベル

中級者というのは、「洋書の中級者」という意味であって、けっして「英語の中級者」という意味ではありません。

英語多読研究会(SSS)流の多読法を参考にすると、絵本や児童書を中心に、これまで100万語以上を読んできた人が対象となります。
100万語とは、ざっくりいうと「Magic Tree House」シリーズを200冊ほど読んだ量に相当します。

英語のレベルでいえば、できればTOEICで800点以上とれるようになってから読んだ方がよいです。それ以下のスコアでも読めるかもしれませんが、すらすらとはいかないと思います。

英語力が足りない人、はじめてペーパーバックを読むという人は、「洋書初心者でもラクラク読める!おすすめの英語ペーパーバック10選」から始めてみてください。

中級者向けの洋書(小説)の選定条件

当サイトでは、以下の3つの条件を基準に、おすすめの洋書を選びました。

1.長すぎず、短すぎず

初級編では、おおむね総単語数が1万語以下の本をご紹介しました。
今回は中級編ということで、少しボリュームを増やして、3万~4万語程度の本を中心にご紹介します。
ページ数にしてだいたい200~250pくらいです。
長すぎず、短すぎず、適度に読みごたえもあるので、「洋書1冊読破したぞ~」という達成感が得られるでしょう。
(一部長いものもありますが、5万語を超えるものは選んでません)

2.英語はネイティブの小学校高学年レベル

初級編では、SSS(前出)が公開している「YL(読みやすさレベル)」で、レベル1~3の洋書を紹介しました。
今回は、その次の段階であるレベル4~6の洋書を紹介します。
ネイティブスピーカーでいうと、だいたい小学校高学年向けのレベルです。

といっても、重厚な「ハリポタ」シリーズを読むにはまだ早いので、その少し手前のレベルの洋書が中心となります。

3.大人も楽しめる

面白い本でないと、読み続けるのはつらいし、英語力もあまり伸びません。
この記事では、実際に読んだ人の評価が高い本を選びました。
紹介されている洋書はすべて、「SSS書評」データベースで星4つ以上(5段階評価)を獲得していて、Amazonでもレビューが高評価の本なので、大人でも楽しめますよ!

中級者におすすめの洋書10選

macha
それじゃ、簡単な本から順に紹介していくよ!

Welcome to Dead House (Goosebumps #1)


YL(平均)4.3
総語数 22,731語
アメリカ

全世界で累計4億部以上売れているという超人気ホラー作品「Goosebumps」シリーズの第1巻です(スピンオフをのぞいたオリジナルは全62巻)。児童向けホラーなので好き嫌いが分かれると思いますが、ハラハラドキドキしながらいっきに読めるので、英語の勉強にはおすすめです。

The Invasion (Animorphs #1)


YL(平均)4.4
総語数 33,612語
アメリカ

エイリアンの力を借りて子どもたちが動物に変身するというSF小説「Animorphs」シリーズの第1巻(全54巻)。米国では「ハリポタ」「Goosebumps」シリーズに次ぐ、児童書のベストセラーになっています。いかにも子どもっぽい設定ですが、面白いので夢中で読んでしまいます。

There’s a Boy in the Girls’ Bathroom


YL(平均)4.4
総語数 35,483語
アメリカ

「Holes」で有名なルイス・サッカのもう一つのベストセラー。大人の心にも刺さる心理描写がとにかく秀逸。英語も読みやすく、「泣ける本」としてタドキスト(多読愛好家)たちに人気です。

My Humorous Japan


YL(平均)4.5
総語数 31,000語
イギリス

在日イギリス人がユーモアあふれる筆致で、日本文化についてあれこれエッセー風に書いてます。世界を旅する続編「My Humorous World」と合わせた全6冊シリーズです。ほかの「異文化エッセー」も読みたい人は、同じく日本在住の英語講師(アメリカ人女性)が書いた「American Pie」(YL4.3)をどうぞ。

Charlie and the Chocolate Factory


YL(平均)4.5
総語数 29,743語
イギリス

洋書多読の定番。ジョニー・デップ主演で映画化もされたので、知っている人も多いはず。続編「Charlie and the Great Glass Evevator」(YL5.4)は単語がさらにレベルアップしますが、合わせて読みたいところ。ロアルド・ダールが好きな人は、「James and the Giant Peach」(YL5.5)、「Danny and the Champion of the World」(YL5.5)などもおすすめ。

Cirque du Freak (The Saga of Darren Shan #1)


YL(平均)5.3
総語数 48,726語
イギリス

日本でもファンの多い児童向けファンタジー小説「ダレン・シャン」シリーズの第1巻です(全12巻完結)。ハリポタはまだ少しきついけど、面白いファンタジーを読んでみたいという人にオススメ。少しボリュームがありますが、とにかく話題の作品なので一度は読んでおきたいです。

Dustbin Baby


YL(平均)5.5
総語数 38,000語
イギリス

初級編でも取り上げたジャクリーン・ウィルソンの人気作です。不幸な境遇に生まれた少女が、自分の過去を探す旅に出る話。「読みだしたら止まらない」「感動して泣けた」と絶賛の声多数。

The Giver


YL(平均)6.0
総語数 43,139語
アメリカ

女性作家ロイス・ローリーによるSF児童文学の名作。すべてが管理・統制された未来社会を描いたディストピア小説です。読みやすい作品ですが、難しい単語もちらほら出てきます。ローリーはこの作品と「Number the Stars」(YL3.8)でニューベリー賞を受賞してます。

Holes


YL(平均)6.4
総語数 46,938語
アメリカ

ルイス・サッカの代表作といえばコレ。洋書の多読を始めた人の多くが、「いつか読みたい」と目標にするミステリー・コメディ作品です。場面があちこちに飛ぶのでストーリー展開はやや複雑です。英語自体は「ハリポタ」より簡単ですが、ある程度洋書を読み慣れていないとかなり苦労するでしょう。

Stargirl


YL(平均)6.5
総語数 41,379語
アメリカ

「The New York Times」のベストセラーになったヤングアダルト作品。小さな町にやってきた一人の転校生スターガールが、ある出来事をきっかけに周囲から総スカンを食らって…。世界中で多くの感動を呼び、続編「Love, Stargirl」も出ています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中級レベルになると、ロアルド・ダール、ルイス・サッカ、ジャクリーン・ウィルソン、ロイス・ローリーなど、大人も楽しめる児童小説家の作品がたくさんあって、多読が本当に楽しくなってきます。

好きな作家を見つけたら、その作家のほかの作品をどんどん読んでいくとよいでしょう。
同じ作品を何回か読み返してみるのもいいですね。
そうやって夢中になって洋書を読んでいくうちに、英語力が飛躍的に伸びること間違いなしですよ!

Happy Reading!