【大人も子どもも】最初に読みたい英語の「絵本」はコレ!

The following two tabs change content below.
macha

macha

英語学習アドバイザー。大学で英米文学専攻、大学院で言語学修士。英語教育の現場に携わり、現在は翻訳関係の仕事をしています。英検1級、TOEIC満点。

英語の絵本を使って英語を勉強しようと思ったら、最初に考えるべきはどの本を読むかです。
でも、英語の勉強に使える絵本を探すのって、結構めんどくさいです。

・英語の絵本なんて山のようにある
・読んでみないと面白いかどうかわからない
・また自分のレベルに合っているかどうかもわからない
・すぐに読み終わってしまうので、また次の絵本を探さなくてはならない

などなど、問題はたくさんあります。

そこで今回は、これらの問題をすべて解決する「最強の絵本」をご紹介します。

全力でおすすめしたい絵本はコレ!

結論から言います。
筆者が全力でおすすめしたいのは、こちらの絵本です↓

ご存じでしょうか?

Oxford Reading Tree(Biff, Chip and Kipper Stories)です。

・ORT
・キッパーシリーズ

などとも呼ばれています。

バイリンガル教育をしている日本の子育てママさんの間ではよく知られた絵本なんですが、大人の英語学習にもそのまま使えます。

これ、ただの絵本ではありません。

なんとイギリスの8割の小学校で使われているという「教科書」なんです。

※イギリスの小学校には、日本のような「教科書検定制度」がなく、学校ごとにいろんなテキストが使われているそうです。

キッパーシリーズがおすすめな5つの理由

Oxford Owlのサイトより

理由1.英語力を段階的にレベルアップできる

ORTは全部で200話以上からなる膨大な絵本シリーズです。
(ストーリー自体は1話ごとに完結します)

ステージ1~9の10段階のレベルがあり(日本で発売されているもの)、ステージごとに英語の難易度(文書の長さ、文法、語彙レベルなど)が厳格に定められています
だから、いちばん簡単なステージ1から順に読み進めていくと、無理なくレベルアップすることができます。

ステージ1(ネイティブの4~5歳向け)は1話あたり20語くらいしかないので、一瞬で読み終わりますが、最終のステージ9(6~7歳向け)になると、1話あたり1000語以上あります。絵本というより、ちょっとした児童書っぽくなってきますね。

ちなみに、シリーズ全体の総語数は・・・・
(えーっと計算すると)71,468語ですかね。
※Stage 1~9のmain storyとmore storiesの合計

ロアルド・ダール『Charlie and the Chocolate Factory』でいえば、2周以上する語数になります。
通して読めば、結構な多読になることがわかると思います。

出典:https://www.oupjapan.co.jp/ja/gradedreaders/ort/index.shtml

理由2.絵本選びに迷わない

一つのステージを読み終えたら、自動的に次のステージに進めばよいだけなので、絵本選びで迷うことはありません。

さらにステージ9が終わった人向けに、同じ主人公たちが少しだけ大人になった「Treetops Time Chronicles」という続編シリーズもあります!

理由3.イギリス英語に強くなる

アメリカ英語は学校でも「標準英語」として教わりますし、市販のテキストなどを通して触れる機会も多いと思うのですが、イギリス英語は普通に日本で勉強しているとすっぽり抜け落ちます。

どれくらい抜け落ちるかというと、下の文章を見てください↓

・Dad was cross. パパは怒っていた。

・The trainers got muddy. スニーカーは泥だらけになった。

・It was a nasty dragon. それはいじわるな龍だった。

これはすべて、ORTの幼児向けステージ1~2に登場する文章です。
基本的な単語のはずなのに、ぜんぜん知らないという人がほとんどではないでしょうか?

キッパーシリーズを読んでいくと、こうした基礎的なイギリス英語が理解できるようになります。
のちのちロアルド・ダールなどのイギリスの児童小説を読むときや、「ハリポタ」「SHERLOCK」などイギリスの映画、海外ドラマを見るときにも役立ってきますよ!

理由4.大人でもそれなりに楽しめる

出典:https://www.oupjapan.co.jp/ja/gradedreaders/ort/index.shtml

キッパーシリーズのよいところは、イギリス人らしいユーモアがさりげなく散りばめられていたり、作者のちょっとしたイタズラが絵の中に描かれていたりすることです。
だから大人も読んでいて飽きません。

理由5.オプションでCDと日本語ガイド付き!

キッパーシリーズは日本人学習者向けに、「朗読CD」付きバージョンが販売されています
イギリス英語とアメリカ英語の二通りの発音が収録されている(ステージ1~5)ので、両方の発音の違いを学ぶことができます。

CDがあれば、正しい発音がわかるし、絵本を見ないでリスニングだけを楽しむこともできます。
また、まるでネイティブの親から「読み聞かせ」してもらっているような体験ができます

日本語ガイドには、ストーリーごとに丁寧な日本語の解説がついています。単語の説明もあるので、いちいち辞書で調べる必要もありません。

キッパーシリーズのデメリット

値段が高い

個人的には、ほぼ唯一の欠点です。
ページ数の少ないStage 1でもCD付きの場合、1セット(6冊入り)で4000円近くします。Stage 9になると、1セットで7000円を超えてきます。
めちゃくちゃ高いです…。出版社さんはもう少し頑張ってほしいですね。

良くも悪くもイギリス英語

メリットの裏返しでもあるのですが、ORTはコテコテのイギリス英語です。
CDではアメリカ英語の発音も聴くことができますが、出てくる単語はイギリス英語のままです。
(アメリカ人には通じない表現もちょくちょく出てきます)
初心者は気にする必要はないと思いますが、(アメリカに留学・赴任する予定があるなど)どうしてもアメリカ英語を学びたい人は、別の教材にあたった方がよいかもしれません。

無料あるいは格安で読む方法

少しでも安く、できれば無料でORTを読むための方法を紹介します。

公立図書館でCD付き絵本を借りる

もし近くの図書館に蔵書があるなら、これがベストな選択肢。
筆者(都内在住)の近所の図書館にもたくさん置いてます。
キッパーシリーズはやはり人気があるようで、だいたいいつも数週間の予約待ちですが…。

オークションサイトで格安で手に入れる

メルカリ、ヤフオクなどでときどき出品されてます。新品を買うよりはるかに安く手に入れられますよね。

多読ブッククラブに入る

会費がかかりますが、英語漬けになりたい人にはおすすめ。ほかの絵本・洋書も読めるし、モチベーションアップにもつながります。

こちらのサイトで全国のブッククラブ、英語教室のリストが紹介されています。
https://www.seg.co.jp/sss/information/class_annai.html

SEG社会人ブッククラブ」(東京・新宿)では、かなりの数の洋書・絵本を取り揃えています(もちろんキッパーシリーズも)。

無料のeBookを読む


Oxford Owlというサイトでは、何冊かが無料で読めて、音声も聴けます(要ユーザー登録)。
「e」マークがついているものは、すべて無料です。
ただし絵本には載っている文字がなかったり、レベルがわかりづらかったり、なにかと不便なのであまりおすすめできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したキッパーシリーズは、絵本の中でも一番簡単な部類に入ります。
英語多読研究会(SSS)の「読みやすさレベル(YL)」によると、レベル0(YL0.0~1.0)です。
このシリーズを読破したら、ほかの絵本もすらすら読めて、無理なく児童書へとステップアップできるようになりますよ!

もっと深く知りたい人は

いきなりキッパーシリーズを買うのはちょっと不安…、という人には、こちらの書籍がおすすめです。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ
古川 昭夫

この本にはなんと、実際のキッパーシリーズが8冊分も収録されています(朗読CD付き)。
まずはこの本を読めば、多読の重要性、そしてキッパーシリーズの魅力がわかると思います。

キッパーシリーズを買いたい人は

1冊ずつ購入することも可能ですが、こちらのパックだとCDや日本語ガイドも付いてます。
(※すべての作品が入っているわけではありません

↓こちらはステージ1~4をまとめたトランクパックA(30冊)
Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs

↓こちらはステージ5~9をまとめたトランクパックB(30冊)
Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack B (Stage 5, 6, 7, 8, 9 Stories Packs) 5 CD packs

それでは、Happy Reading!