リスニングに効果抜群! 英語学習に役立つ洋楽20選【2010年代】

The following two tabs change content below.
macha

macha

アラフォー翻訳家。英検1級/TOEIC満点/言語学修士。「極力勉強せず、楽しみながら英語力を自然に上げる」がモットー。英語育児(5歳)も実践中です。

洋楽のカラオケは、発音やリスニングなどの英語学習に大きな効果があります。
筆者も、これまでたくさんの歌をうたって、英語力アップを実感してきました。

でも英語の勉強にちょうどよい歌って、意外に見つけるのが大変です。
ネットで検索しても、ビートルズやカーペンターズなど「懐メロ」ばかりで、「ちょっと違うんだよな~」と感じた人もいるかと思います。

そこでこの記事では、2010年以降にリリースされた大ヒットソングの中から、英語の勉強にも効く歌を、男女シンガー別に計20曲ご紹介します。

ぜひ気に入った曲を見つけて、たくさん歌ってみてくださいね。

macha
米ビルボードなど各種ランキングをもとに、2010年以降の大ヒットソング100曲以上を実際に聴き比べて選んだよ!

洋楽って英語の勉強に効果あるの?

おすすめの曲を紹介する前に、なぜ僕が洋楽を通して英語を学ぶことをおすすめしているのかについて、4つ理由を紹介します。

1.発音がよくなり、リスニング力が上がる

人は歌うとき、通常の会話よりも口を大きく開けて、はっきり発音しようとします。
だから一般のスピーキングよりも一つ一つの音の違いを意識するので、発音が上達しやすいです。
言うまでもなく、発音がよくなるとリスニング力も向上します。
だから全体として英語力が伸びていきます。

2.未知の単語、スラングに出合える

好きな歌は何度も何度も口ずさむので、新しい単語も自然に覚えていきます。
さらに歌詞には、英語テキストにはほとんど出てこないスラングもよく使われます。
僕の経験上、歌詞で覚えた単語やスラングはなかなか忘れにくいです。

3.英語の韻(rhyme)がわかる

ラップでなくとも、英語の歌には昔から「韻」を意識して書かれた曲が多いです。これは英語圏における詩の伝統です。
どの音とどの音が韻を踏んでいるのかを意識しながら歌うと、英語独特のリズム感も身につきます。

「おすすめ曲」の選定基準

素晴らしい音楽はたくさんありますが、英語の学習に向いているとは限りません。
この記事では、以下の3つの基準でおすすめの曲を選定しました。

  • 2010年代(2010~2017年)にヒットした有名な曲である
  • 歌声がクリアに聞き取れる(←演奏がうるさすぎない、コーラスが効きすぎていない)
  • 素人がカラオケで普通に歌える(音程が高かったり、あまりに難しい曲は排除)
macha
それじゃ、次のページから女性シンガーたちを紹介するよ!