リスニングに効果抜群! 英語の勉強に役立つ洋楽20選【2010年代】

The following two tabs change content below.
macha

macha

アラフォーの英日翻訳家。元英会話学校講師。TOEIC満点/英検1級。言語学修士号。コーヒー、読書、音楽が好き。

洋楽は、発音やリスニングなどの英語学習に大きな効果があります。
筆者も、これまでたくさんの歌をうたって、英語力アップを実感してきました。

でも英語の勉強にちょうどよい歌って、意外に見つけるのが大変ですよね。
ネットで検索しても、ビートルズやカーペンターズなど「懐メロ」ばかりで、「ちょっと違うんだよな~」と感じた人もいるかと思います。

そこでこの記事では、2010年以降にリリースされた大ヒットソングの中から、英語の勉強にも効く歌を、男女シンガー別に計20曲紹介します。

ぜひ気に入った曲を見つけて、たくさん歌ってみてくださいね。

macha
米ビルボードなど各種ランキングをもとに、2010年以降の大ヒットソング100曲以上を実際に聴き比べて選んだよ!

洋楽って英語の勉強に効果あるの?

おすすめの曲を紹介する前に、「音楽って語学習得に本当に役立つの・・・?」と思っている方もいるかと思います。
そこで、なぜ僕が洋楽を通して英語を学ぶことをおすすめしているのか、4つ理由を紹介します。

1.発音がよくなり、リスニング力が上がる

歌をうたうときって、通常の会話よりも口を大きく開けて、はっきり発音しようとしますよね。
だから一般のスピーキングよりも一つ一つの音の違いがわかりやすく、発音が上達しやすいです。
言うまでもなく、発音がよくなると、自然にリスニング力も向上します。
だから英語力が伸びていきます。

2.未知の単語、スラングに出合える

好きな歌は何度も何度も口ずさむので、新しい単語も自然に覚えていきます。
さらに歌詞には、英語テキストにはほとんど出てこないスラングもよく使われます。
僕の経験上、歌詞で覚えた単語やスラングはなかなか忘れにくいです。

3.英語の韻(rhyme)がわかる

ラップでなくとも、英語の歌には昔から「韻」を意識して書かれた曲が多いです。これは英語圏における詩の伝統です。
どの音とどの音が韻を踏んでいるのかを意識しながら歌うと、英語独特のリズム感も身につきます。

「おすすめ曲」の選定基準

素晴らしい音楽はたくさんありますが、英語の学習に向いているとは限りません。
この記事では、以下の3つの基準でおすすめの曲を選定しました。

  • 2010年代(2010~2017年)にヒットした有名な曲である
  • 歌声がクリアに聞き取れる(←演奏がうるさすぎない、コーラスが効きすぎていない)
  • 素人がカラオケで普通に歌える(音程が高かったり、あまりに難しい曲は排除)

女性ボーカルのおすすめ曲10選

では女性→男性シンガーの順に、おすすめの音楽を10曲ずつ紹介していきます。

macha
まずは女性シンガーから。下にいけばいくほど、英語の難易度が高くなるよ!

Rachel Platten – Fight Song (2014)

孤独な自分を鼓舞する「戦いの歌」。この歌に勇気づけられた人は多そう。ゆっくりとしたテンポで、英語も聞き取りやすいです。2016年発表の「Stand By You」もおすすめ。

Carly Rae Jepsen – Call Me Maybe (2012)

「今あなたに会ったばかりだけど、一目ぼれしちゃったから、あとで電話ちょうだい」というシンプルなメッセージの曲。アップテンポですが、英語は聞き取りやすいです。

Adele – Someone Like You (2011)

英国のディーバ、アデルの名曲。ピアノの悲しい旋律に乗せて、元カレへの想いが歌われます。少し早口の部分もありますが、ひとつひとつの単語の発音がクリアなので、発音の勉強にいいですね。

Lady Antebellum – Need You Now (2010)

「別れた男女が互いに未練があって、いまも相手を想っている」とうたっているデュエット曲。親しみやすいメロディーラインで、歌詞もわかりやすいです。

The Chainsmokers – Don’t Let Me Down ft. Daya (2016)

NYのDJデュオ、ザ・チェインスモーカーズの曲ですが、歌っているのは、客演参加している女性シンガーのデイヤ。好きな男に「いまつらいから、すぐに会いに来て!」と歌っています。会いにこれない理由が気になりますね。歌詞はシンプルなので歌いやすいです。

Rihanna – Diamonds (2012)

「私たちは空に輝くダイヤモンドのように美しい」と、大好きな人との永遠の恋をうたっています。サビの部分の繰り返しが多いので、歌いやすいと思います。

Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back Together (2012)

「喧嘩別れした元カレから言い寄られているけど、もう二度と付き合わない!」という曲です。ほかにもテイラーは歌いやすい曲が多くて、「You Belong With Me」(2008)、「Blank Space」(2014)などもおすすめ。

Hannah Montana – Ordinary Girl (2010)

アメリカのホームドラマ「Hanna Montama」の主題歌。「有名人になって自分を見失いそうになるけど、私は普通の女の子なの」と歌ってます。少し早口なので、リエゾン(音のつながり)の練習にもなります。

Lorde – Royals (2013)

ニュージーランド出身のロードの代表曲。歌詞はスラング混じりでちょっと難しいです。貧困地区で育った少女が「どうせ金持ちにはなれないし、そんな裕福な生活に興味もないし」とうたっています。

Katy Perry – This Is How We Do (2013)

結構早口なのでレベルは高めですが、これが歌えるようになればかっこいいですね。歌詞は、女の子同士でおしゃれして、クラブで踊って、イケメンを探して、好きなことばっかして、という、都会女子の奔放な生き方をうたった曲です。サビの「straight stuntin’」は「(堂々と)見せびらかす、自慢する(show off)」という意味。

macha
次のページでは男性シンガーたちを紹介!