【入門編】フィリピン英語留学する前に知っておきたい24のメリット&デメリット

The following two tabs change content below.
macha

macha

アラフォーの英日翻訳家。元英会話学校講師。TOEIC満点/英検1級。言語学修士号。コーヒー、読書、音楽が好き。

こんにちは、翻訳家のmachaです。
先日、友人に頼まれてフィリピン・セブ島の英会話スクールの仕事をお手伝いしてきました。
そのついでに、ツテをたどって日本人に評判の語学学校をいくつか訪問し、スタッフや生徒さん、フィリピン人の先生たちと話したり、お試し授業を受けさせてもらったりしました(←図々しい)。

フィリピン留学、たしかに魅力的な点はたくさんありますが、気を付けたいポイントもちょくちょく目につきました。

そこで今回は、フィリピンで最も人気が高い語学留学先である「セブ島」を中心に、フィリピン英語留学のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

いい点だけでなく、注意した方がよい点も正直に書きました。ここに書いた話は、セブ島に限らず、フィリピンのほとんどのタイプの語学留学にも当てはまります。フィリピンに英語留学すべきかどうか迷っている人は、ぜひご参考にしてください。

【注意】フィリピン留学の情報をネットで探すなら…

知らない人が結構多いと思うので、最初に書いておきます。

フィリピン留学に関しては、すでにネット上にたくさんの情報がありますが、そのほとんどは、語学学校か留学斡旋業者(エージェンシー)のスタッフが書いた宣伝記事です。

ウソではないかもしれませんが、かなり「盛って」いたり、都合の悪い話があまり書かれてなかったりします。あくまで参考程度にとどめておきましょう。

本当の情報を知りたい方は、フィリピン留学の経験者で、かつ利害関係のない個人ブロガーさんが書いた記事を探すとよいです。

macha
どういう人が、どんな目的でその記事を書いているかを確認するようにしてね!

フィリピン留学のここがスゴい!メリット12連発

では、とくに欧米への語学留学と比較して、フィリピン英語留学が際立っていると思うポイントを紹介します。

1.安い

フィリピン留学のメリットと言えば、なんといってもコレ。
欧米への留学に比べると、フィリピン留学は圧倒的にコスパがよいです。

≪語学留学(1カ月)にかかる費用の目安≫
  • イギリス 40~60万円
  • アメリカ、カナダ、オーストラリア 30~50万円
  • フィリピン 20~30万円
※授業料+宿泊費+食費を合わせた額

(「留学くらべーる」調べ、フィリピン以外)

もちろん学校、コース、宿泊スタイルなどによっても値段は大きく違ってきますが、ざっくりこんな感じです。

しかも最近では、セブパシフィック航空などのLCC(格安航空会社)が成田~セブ間で直行便を飛ばしていて、キャンペーン中だと数千円でチケットを買えたりすることも。

2.マンツーマンの授業が受けられる

フィリピン留学最大の特徴は、マンツーマンのレッスンです。
基本的にどの語学学校も、マンツーマンのコースが中心です。
※マンツーマンだけだと疲れるので、一部グループレッスンを組み合わせたプログラムが多いです。

欧米への留学ではマンツーマンは値段が高すぎて庶民にはなかなか手が出せませんが、フィリピンでは格安で毎日、マンツーマンのレッスンが受けられます。
1対1で先生とたっぷり話せるので、スピーキング力がぐんぐん伸びますね。

3.近い

北米やヨーロッパへ留学する場合、飛行機で片道10時間以上かかります。
でも日本からセブ島までなら、飛行機で5時間くらいです。
機内で映画を見ながら現地のことを少し調べているうちに、着いてしまいます。

4.時差がほとんどない

日本とフィリピンの時差は、わずか1時間。
時差ボケの心配もないので、到着した日からスムーズに留学生活を始められます。
欧米への留学だと、体を慣らすだけで数日かかってしまうので、この差は結構大きいです。

5.1日中、英語漬けになれる

欧米留学だと、授業は1日3~4時間程度が一般的ですが、
フィリピンだと、1日6~8時間が普通です。
(たとえば、マンツーマン4時間+グループレッスン2時間=6時間)

このように「英語漬け(immersive)」の体験ができるのが、フィリピン留学の強みです。

6.自分を追い込める

日本にいたら、飲み会、デート、テレビ…などなど、いろんな誘惑がありますよね。
でもフィリピンに行ってしまうと、そういった誘惑がなくなるので、勉強に集中しやすくなります。
あえて「逃げられない環境」に自分を追い込んで、集中して英語を学びたい人にはぴったりです。

7.スピーキングの練習がたくさんできる

フィリピンの語学学校は、マンツーマンが中心なので、「スピーキング」の練習をするのに向いています。
多くの学校では文法やリーディング、TOEICなどの対策コースもありますが、せっかくの機会なので、徹底的に「話す」訓練をしましょう。
毎日英語を話しているうちに、「文法の細かいミスを気にしないようになった」「自信をもって堂々と話せるようになった」などという声をよく聞きます。

8.1~2週間の短期留学でも大丈夫!

欧米への留学だと普通は1カ月以上からですが、フィリピンなら最短1週間から留学できます。
社会人でも会社を辞めることなく、1週間の休暇を使って「短期留学」できるので、便利ですね。ゴールデンウイークやお盆、冬休みなどのミニ休暇を活用して、英語力を伸ばしましょう。

※ただし、学生が増える夏休みなど繁忙期は3カ月前に予約が埋まることもあるので、お早めに予約した方がよさそうです。

9.ワーホリ、留学の準備になる

フィリピンは英語初心者向けのプログラムがとても充実しています。
「話す」練習がたくさんできるので、「いきなり欧米に行くのはちょっと辛そう…」という人に向いています。
実際、フィリピンへ留学したあとに、さらに英語力に磨きをかけるため、欧米に留学したり、ワーキングホリデー(ワーホリ)でカナダやオーストラリアへ行ったりする人が結構います。
フィリピン留学は留学・ワーホリへの「ステップアップ」として最適ですね。

10.先生はネイティブレベル

英語力ランキングでフィリピンはアジア2位(2018年)
https://seasia.coより

フィリピン人の英語のレベルは、非ネイティブとしては世界最高クラスです。非常に流暢に英語を話せる人が多いです。

またアメリカの植民地だった過去があるため、発音は基本的にアメリカ英語。全体的には、きれいなアメリカ英語を話します。中には少しなまりのある先生もいますが、よほどの上級者でないかぎり、気にする程度ではありません。

11.先生が教え上手&やさしい

フィリピン人の先生は、基本的に教えるのが上手。
彼らはもともと英語のネイティブスピーカーではなく、小さい頃から学校等で学んで英語を習得しました。なので英語圏のネイティブスピーカーたちと違って、「英語を学ぶ苦労」を知っているそうです。
また外国人に英語を教える国際資格「TESOL」を持っている先生も多く、授業の質も一般に高いです。

一般的にフィリピン人は、明るくて、フレンドリーで、気さくで、おしゃべり好きです。
そういう先生たちと毎日話していると、英語のスピーキングがどんどん上達するのも納得ですね。

12.ユニークな人に出合える(かも)

フィリピンへ留学する日本人には、良くも悪くも「変わった人」が多いです。
「日本にいたら絶対に出会えないような人に会えた」。これはフィリピン留学をした人たちの多くが口を揃えて言うことです。
英語力だけでなく、語学学校で得た人脈も、留学の大切な財産となります。

後悔しないために知っておきたい!デメリット12連発

成功する留学もあれば、失敗する留学もあります。行ってから後悔しないためには、事前にきちんとした情報を仕入れておくことが重要です。
フィリピン留学で注意したいポイントをまとめて紹介します。

1.なにかと不便…

フィリピンは途上国なので、停電があったり、ネットの接続が悪かったり、と日々のトラブルはたくさんあります。
また学校の中は基本的に清潔で快適ですが、外へ出れば、汚い場所もたくさんあります。
そういう問題があっても、笑って過ごせるくらいのメンタルの強さが必要です。
残念ながら中には、環境になじめずに途中で帰国する人もいます(少数ですが)。

2.危ない場所もある

こういうスラムっぽい場所も普通に目にします(筆者撮影)

セブ島はフィリピンの他の地域と比べると治安はかなり良い方です。
とはいえ、窃盗やひったくりなどの軽犯罪は、日中でも頻繁に起きています。
外でスマホを操作する、人前で財布を出すなど、犯罪を誘発するような行為は控えましょう(これはフィリピンに限った話ではありませんが)。

3.「遊び」の誘惑が多い

セブシティなど街中へ行けば、クラブや歓楽街があって、毎晩のように夜遊びできます。
規模の大きな語学学校へ行けば、「遊び人」も何人かいます。
興味がなければ誘いに乗らなければいいだけの話なのですが、同じ寮で暮らしていたりすると、夜遅くに帰ってきて共同スペースでパーティーが始まったりと、何かと被害を受ける可能性はあります。
それが嫌な人は「門限」のある学校(いわゆる「スパルタ」)を選ぶか、ホテルの個室に宿泊しましょう。

4.ゴハンがいまいち

基本的にファストフードが多いです(rehyunによるPixabayからの画像)

フィリピンは「ファストフード文化」なので、脂っこくてしつこい料理が多いです(野菜が少ないです)。
中には日本人のシェフがいる語学学校もありますが、あくまで少数です。
栄養が心配な人はビタミン剤など持っていくようにしましょう。

5.先生の質が結構バラバラ

フィリピン人の先生はみんな英語がペラペラですが、中には、文法や語彙の知識が少し足りないかな、と思う先生もいます(※少数です)。
とくにプライベートレッスンだと先生との相性は重要なので、不満があれば早めに学校に相談して、ほかの先生に替えてもらいましょう。

6.上級者向けカリキュラムが少ない

どの語学学校も、初心者~中級者が多いです(TOEIC400~600点くらい)。
当然、カリキュラムもその層を対象に作られています。
TOEIC750点以上の上級者になると、学校によっては教材やカリキュラムがほとんどなかったりします。
「上級まで対応」とホームページでうたっていても、本当に上級者向けのカリキュラムがあるのか、どんなレッスンが受けられるのか、申し込む前にきちんと確認するようにしましょう。

7.長期留学に向かない

フィリピンへ1年以上留学する人はほとんどいません。半年でも長い方です。通常は数週間~3カ月程度で、それ以上いると飽きる人も多いようです。
半年以上留学するつもりの人も、とりあえず最初は「3カ月間」で申し込んでおいて、次の3カ月はどうするか、現地へ行ってから考えるのも手です。

8.日本人(あるいは韓国人)だらけ

日本人が経営する語学学校だと、基本的に日本人だらけ。韓国系の学校へ行くと、韓国人だらけです。
日系の学校だと、授業外では友達と日本語ばかり話すことになります。
毎日授業で6~8時間「英語漬け」になるので、「せめてプライベートは日本語で過ごしたい」という人は、日系の学校がよいと思います。
そうではなく、24時間「英語漬け」の環境に身をおきたいという人は、韓国系やアメリカ系の学校を選ぶようにしましょう。
自分がどういう留学生活を送りたいのかを考えて、決めるといいですね。

9.若者(学生)が多い

どこの語学学校も若い人、とくに大学生が多いです。とくに春休みや夏休みは、学生たちでいっぱいになります。
学生なら友達がたくさんできてよいと思いますが、社会人は年齢ギャップを感じるかもしれません。
「社会人オンリー」をうたっている語学学校もあるので、学生と絡みたくない人は、そういう学校を選ぶようにしましょう。

10.中には危険人物もいる?

同じ日本人だからといって100%信用するのは危険です。語学学校の中は基本的に安全ですが、中には犯罪まがいのことを平気でする日本人もいるので気をつけましょう。

参考記事:英会話学校元経営者の日本人女性に対する脅迫で予備校講師の山中博被告らが起訴された(まにら新聞)

11.学校のサービスもまちまち

日本人が経営している語学学校は一般にサービスの質が高いですが、日本のように完璧なサービスは期待できません。
先生やクラスの変更、レッスンのカスタマイズ、部屋の交換など、学校のスタッフの対応に不満を口にする人も何人か会いました。
ネットで卒業生の話など評判をよく調べておきましょう。

12.留学自体はキャリアにならない

語学留学は学位留学や交換留学ではないので、履歴書に書けません(書いても評価されません。
評価されるのは、TOEICの点数など「わかりやすい結果」です。
せっかく行くなら、TOEICで高得点が取れるよう、本物の英語力を身につけて帰ってきましょう。

フィリピン語学留学に向いている人

フィリピン留学は万人向けではないことがわかったのではないかと思います。

フィリピン留学に向いているのは、ずばり次のような人です。

  • 途上国のタフな環境でもやっていける
  • 数週間~3カ月程度の「短期留学」をしたい
  • 英語のレベルは初心者~中級者くらい
  • 文法より「会話」の練習をしたい

これらの条件を満たす人は、フィリピン留学で成功すると思います。

大学受験をやって文法は一通り頭に入っているけどスピーキングやリスニングは苦手という大学生や社会人にはおすすめですね。

まとめ

いかがでしょうか?

僕自身、Skype英会話などでフィリピン人の先生たちの雰囲気や授業スタイルはなんとなく知っていたのですが、実際に行ってみるといろいろなタイプの学校があり、元英会話講師としてとても勉強になりました。

フィリピン留学はまだまだ発展途上ですが、僕がもし大学生に戻れたら、間違いなく1~2か月くらい行っていると思います。質の高いアウトプットの練習がたくさんできるのは、とても魅了的ですね。

ただし学校や先生によって、授業内容や生徒層、クオリティがかなり違うので、そこらへんはきちんと調べる必要があると思います。

当たり前ですが、人生で留学できるチャンスなんてそう何度もありません。せっかく留学できるなら、その貴重な機会と時間を使って、英語だけでなく、異文化交流や人脈作りなどいろんな経験ができるとよいと思います。

迷っている人は、まずは1~2週間「お試し留学」してみるとよいかもしれませんね。

この記事を読んで、一人でもフィリピン留学にチャレンジしてみようと思う人が出てくれば幸いです!