【写真付き】英語で『老人と海』を読む前に知っておきたい「重要単語25」

The following two tabs change content below.
macha

macha

翻訳家。大学で英米文学専攻、大学院で言語学修士。英語教育の現場に携わり、現在はおもに翻訳関係の仕事をしています。英検1級、TOEIC満点。
ヘミングウェイの傑作『老人と海』(The Old Man and the Sea)では、主人公サンティアゴは船の中でほとんどの時間を過ごすので、海や船、魚などに関する言葉がたくさん登場します。これらを知らないと、主人公が何をしているのかさっぱりわからず、読み進めるのに苦労します(しかも日常生活ではほとんどお目にかからない単語ばかり…)。ここでは、小説中で2回以上出てくる、比較的重要度の高い英単語を、写真・イラスト付きで一挙解説します。

※とくに重要な単語には★をつけてあります。

※写真はすべてイメージです。

船、漁業の英単語

skiff ★

スキフ(一人用の手漕ぎの小舟)

rFonz / Pixabay

主人公サンティアゴが乗っている船。対峙したマカジキ(18フィート)よりは短い、ということなので、全長5メートルくらいの小舟だったと思われる。

coiled lines

巻きロープ

Pexels / Pixabay

釣りの糸に使う長いロープ。サンティアゴは船の中で、予備のロープをいつでも使えるよう、ぐるぐる巻いたままの状態で足元に置いている。カタルーニャ製の結構頑丈なものを使ったらしい。

gaff ★

ギャフ、かぎざお

Markus Bärlocher

先端に鉤(かぎ)のついた棒で、釣った魚を船の中に引き上げるために使われる。通常はカジキやサメなど大きな魚の陸揚げに使われる。

harpoon ★

銛(もり)

Walharpunen

クジラや巨大な魚に打ち込むための道具。通常はロープにくくりつけて使われる。

sail ★


digitalskennedy / Pixabay

主人公サンティアゴの船の帆は、小麦粉の袋などをつぎはぎした、ぼろぼろのものだったらしい。
なおsailは動詞だと「航行する、出帆する」の意味。

mast ★

マスト、帆柱

174695 / Pixabay

sailを張るため、甲板に立てられている柱。

bow ★

船首、舳先(へさき)

daniaffonso / Pixabay

話の中では、サンティアゴはbowとsternを何度も行ったり来たりする。大魚に引っ張られているときは、だいたいbowに陣取っている。発音は「バウ」。

stern ★

船尾、とも

bambi_photos / Pixabay

釣った魚を取りに行くなど、何か用事があるとき、サンティアゴはsternに行く。「後方へ」という意味のasternという単語も使われている。

thwart

横木、座板

MooseHead88

腰掛用などに使われる横向きの板。

gunwale

船べり、ガンネル

Georgebog

船の側面上部にとりつけられた厚板。
つづりは「ガンウェイル」と書くが、慣習的に「ガネル」という感じで発音される。

planking

張り板

Empiep / Pixabay

船の側部や底部に張られている板。

cast net

投網(とあみ)

tunaolger / Pixabay

サンティアゴはすでに売ってしまっていて持っていないらしいが…。

bitt


Joe Mabel

鉄や木の柱で、ロープを使って船をつなぐために使われる。通常は写真のように2本の対(bitts)になっている。

rudder ★

舵(かじ)

Lurens / Pixabay

進行方向を定めるために操作する板状の装置。

tiller

舵柄(かじえ)

MaciejKa

舵を操作するために甲板に取り付けられたレバー。

oar ★

櫂(かい)、オール

Gaertringen / Pixabay

サンティアゴはサメを退治するための武器としても使用した。

blade

オールの水かき部分

Gaertringen / Pixabay

海の生物の英単語

marlin

マカジキ

paulbr75 / Pixabay

サンティアゴの釣り糸にかかって、死闘を演じた巨大魚。スタライプ柄も確認できます。

flying fish

トビウオ

WikiImages / Pixabay

小説中ではとてもおいしい魚、ということで紹介されている。

dolphin

シイラ

mimi92863 / Pixabay

普通、dolphinといえばイルカだが、小説中ではシイラ(dolphinfish)という魚をこう呼んでいる。イワシやトビウオなどを食べる。

bonito ★

カツオ

paulbr75 / Pixabay

日本人ならこれは覚えておきたい。ちなみにスペイン語で「美男子」という意味。

albacore

ビンナガ(小型のマグロ)

Pvmoutside

回転ずしで見る「ビントロ」。ピンク色っぽい赤身が特徴。

porpoise

ネズミイルカ

skeeze / Pixabay

厳密にはイルカ(dolphin)とネズミイルカは歯や頭部の形が異なるが、一般的には小型のイルカを指してporpoiseという言葉が使われるとのこと。

その他の英単語

phosphorescence

燐光、青光り

WikiImages / Pixabay

ヘミングウェイはこの言葉が好きなようで、小説中に海の中の不思議な光や色合いを表現するときに何度も使われる。発音は「フォスフォレッスンス」。

fathom

水深の単位(6フィート=1.8288メートル)

boman21 / Pixabay

両手を左右いっぱいに伸ばしたくらいの幅。日本語では「尋」と訳される。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
(は~、これ作るのめんどくさかった…)

ご覧のとおり、残念ながら日常会話やビジネスではほとんど役に立たない単語ばかりですが、『老人と海』を読むなら、必須といえる単語群です。
『老人と海』は文学史上に残る名作とあって、実は英語もそれなりに難しいです。
ペーパーバックの初心者にはあまりおススメできませんが、さらに英語力を伸ばしたい上級者の方は、この単語リストを片手に、ぜひチャレンジしてみてください!