簡単!「LとR」の発音(英語)を完全マスターできる「神動画」10選

The following two tabs change content below.
macha

macha

翻訳家。大学で英米文学専攻、大学院で言語学修士。英語教育の現場に携わり、現在はおもに翻訳関係の仕事をしています。英検1級、TOEIC満点。

LとRの発音って難しい・・・。
英語を勉強していて、そんなふうに感じている人ってきっとたくさんいますよね。

この2つの音は、どっちも日本語にはない音です。
だから普通に英語を勉強していても、なかなかできるようになりません。
LとRが発音できないと、英語が聞き取れない、話も通じない、などいろいろと問題が出てきます。
苦手な人は、なるべく早くマスターしてしまいましょう。

上達のコツは、ビデオを手本にして、何度も繰り返し発音することです。
毎日繰り返すことで、自己流の発音が自然と矯正されていきます。

というわけで今回は、LRの発音をきちんと使い分けできるようになる無料動画を紹介します。

L・Rの発音上達のコツ

レッスン動画を見る前に、まずは基本から押さえておきましょう。

日本語の「ラリルレロ」は、LでもRでもない!

有名な英語プロの中にも「Lは日本語のラリルレロと同じだよ」と言っている人がいますが、間違いです。
音声学的にはどちらでもありません(※実はスペイン語のRときわめて近いです)
人によって、Lっぽく発音する人と、Rっぽく発音する人がいます。
LとR、そして「日本語のラリルレロ」の3通りの発音がある、と覚えておきましょう。

Lの発音のコツ

上の前歯の裏に舌先を押し当てる、が基本です。
日本語のラリルレロよりも舌が前方にいきます。
舌先を軽くつける人もいれば、べったりつける人もいます。
(イギリス英語やアメリカ英語など、地域によっても微妙に違います←ひとまず気にする必要はありません)
そして音を出すときは、舌の横を空気(息)がすりぬけるように発音します。

Rの発音のコツ

舌をどこにもつけません。いわゆる巻き舌ですね。
最初に「ゥ」と少し発音してからRの音を出すとうまくいきやすいです。

毎日見たいおすすめの動画(サイト)はコレ!

では、おすすめのビデオを順に紹介します。
ネイティブスピーカーでも、人によって舌の位置が少し違ったりもするので、いろんなパターンで練習して、自分のやりやすい発音の仕方を見つけるのがよいです。
最初は、上から順に練習してみてください。

入門編

まずはこれを見るべし!

1.サマー先生の英語発音講座#6・プライムイングリッシュ


ネイティブの先生(アメリカ人)の発音レッスンです。
舌を歯でかんでLを発音するくらい、かなり大げさに発音しています。
速い発音とゆっくりの発音の2通りの方法を見せてくれます。

2.AK English


バンクーバー在住の若い女性講師が、日本語のラリルレロとの違いを説明。
Lを舌先で「ル・ル・ル」と軽く繰り返し発音する方法をおすすめしています。

3.Yumi’s English Boot Camp


しつこいくらい丁寧な解説してくれています。
舌の位置や動かし方を論理的に理解したい人におすすめ。
舌を強めに歯の裏に押し当ててLを発音する方法を推奨しています。

4.REINY先生の英会話


ハスキーボイスがセクシーな先生。
最初に舌のポジションを覚えさせてから、単語レベルの発音練習をする方法をおすすめしています。
ゆっくりとタメを作って発音してくれているので聞き取りやすいです。
後半の「girl」「world」の発音レッスンが秀逸。

5.Hana English


こちらの先生は、力を入れないで自然にLを発音する方法を推奨しています。
口の中を下から見せるなど工夫も。

中級編

こんどは少し応用練習です。LRを組み合わせた、日本人が苦手とする単語の発音の仕方を解説しています。

6.Hana English


「really」を早く言うときとゆっくり言うときの2通りの発音を丁寧に解説。

7.Yumi’s English Boot Camp


Yumi先生の丁寧すぎる「really」の発音レッスン。

8.サマー先生の英語発音講座#7・プライムイングリッシュ


「girlfriend」「gallery」「dollar」など、RLが混じった単語の発音レッスン。

9.Yumi’s English Boot Camp


definitely、absolutelyなど「~tly」の発音を解説。
あいかわらずテンション高い先生ですね…。

10.Yumi’s English Boot Camp


こちらもYumi先生のレッスンで、いわゆる「dark L」の発音について解説しています。

まとめ

・英語のLとRは、日本語の「ラリルレロ」とは違う!
ネイティブからすると、LとRはまったく違う音なので、きちんと使い分けができないと話が通じません。

・毎日練習して、正しい発音を体に覚えさせる。
毎日10分、できれば30分以上、ビデオを見ながら繰り返し練習するとよいです。

・手鏡をもって、自分の口の動きや舌の位置と比べながらトレーニングする。
耳だけでなく、目で口の動きを確認することで、発音のコツがつかみやすくなります。

ここで紹介した動画を見ながら繰り返し練習すれば、きっとできるようになると思います。
あきらめずに、頑張ってみてくださいね。

Happy Practicing!